ネクタイにシミが付いた時は慌てず擦らず落ち着いて

今回は、革製品ではなくてシルクのネクタイをご紹介いたします。

ご相談頂いたエルメスのネクタイですが、上の方に丸い形で白っぽくなってしまっていました。汚れが付着してしまい、それを落とそうと食器洗い洗剤で慌ててゴシゴシしてしまい、その部分だけが汚れはもちろんですが、元の色も落ちてしまったそうです。

食事中など不意にネクタイに汚れが付く事は多いと思います。その際に慌ててこすり落とそうとしてしまうと、余計に浸透してしまったり、繊維にキズをつけてしまって逆効果となりますので避けるようにしてください。

ポイントは、ネクタイの後ろにタオルなどを敷き、濡れたタオルなどでポンポンと軽くた叩くようにしてシミを吸い取る事で、ある程度のシミを目立たなくする事が出来ます。

そして、なるべく早めにシミ抜きを得意としているクリーニング店などにお持ち込みししてくださいね。

ただ、今回はシミというよりも、洗剤によって生地の色が落ちてしまいましたので、当工房にて染料を使い色かけによる修復をさせて頂きました。

はい。元通りですね。

当工房では、シミ抜きももちろん得意としてご提供しておりますが、ご自身、他社様で行ったクリーニングのトラブルにつきましても、出来るだけお客様のご要望にお応えする事が出来るように努めておりますので、ネクタイや小物はもちろんですが、同じシルク製品である着物やストールなどのアイテムでお困り事がございましたら、お気軽にご相談ください。